chisa vege

チサベジは簡単手間いらずおつまみ肴レシピや身体に良い物たちを綴っていく野菜ソムリエchisaのブログです

昨日のカレーの残りとお蕎麦で作るカレー南蛮

   

カレー南蛮一晩寝かして美味しくなったカレーを使ってカレー南蛮を作ります。
最近はカレーうどんの方が認知度高めに感じますよね。
そう言われてみればカレー南蛮という言葉自体最近あまり聞かないかも。
カレーうどんに置いていかれてしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

私の場合、カレー南蛮といえば子どもの頃近所のお蕎麦やさんからの出前、という印象が強いのです。
両親共に仕事人間だったので日曜日のお昼は近所のお蕎麦屋さんか中華料理屋さんからの出前が多かったですね。デリバリーじゃなくて出前という言い方が昭和的ですがw
で、ここのお蕎麦屋さんのラーメンがやたら美味しくて…ってお話が逸れてしまいそうなのでカレー南蛮にお話を戻します。

そもそもカレー南蛮の南蛮ってなに?チキン南蛮の南蛮と違うの?

いろいろ調べてみると「南蛮」=「ネギ」のようです。
「南蛮渡来」という言葉がありますが、この意味は遥か昔、室町時代後期から江戸時代初期にポルトガル等からやってきた異文化のことを指すようです。これに食品ももちろん含まれているわけですね。

もともと外国から来たもののネーミンクなんてかなり適当で…アイロンだのミシンだのね。
南蛮という言葉に正確なこれといった定義なんてなくて、大まかにぼやっとネギとか唐辛子とか獣の肉とか、そんな感じなのかな、と思っています。
ちなみに私的に一番馴染みのある「南蛮」はアジの南蛮漬けなので「唐辛子=南蛮」なのかなと思っていました。

さて、カレー南蛮を作りましょう!

材料は残りのカレーと蕎麦(今回はゆで麺)、そして南蛮という名前の由来のネギ。
作り方はめんつゆで伸ばしたカレーを温めたお蕎麦にかけて刻んだネギをのせて出来上がり。

余談ですが昨年末に購入したニトリの圧力鍋はご飯を炊くのもカレーを煮るのもその他諸々大活躍しています。
カレーも薄切り肉ではなくてブロック肉ですぐにできてしまうので改めて圧力鍋の便利さ感じています。
そう、この残りのカレーも圧力鍋で加圧5分くらいで作りました。
余談でした(●´艸`)

とても美味しいカレー南蛮、カレーうどんよりも少し伸ばす出汁を多めにすると食べやすいかもしれません。
カレーうどんはもったりとしたままのカレーをかけても美味しくいただけますが、お蕎麦の場合はサラサラ気味のカレー出汁が合うような気がします。

寒ーーい日にはあったかーーいカレー南蛮で温まりましょう。

 - おいしいもの , ,